補助器具センター

お知らせ等

  • 現在お知らせはございません。

ページ内コンテンツ

  1. 概要
  2. 住宅改修・福祉用具相談
  3. コミュニケーション障害・摂食・嚥下障害についてのご相談
  4. 排泄全般についてのご相談
  5. 補助器具 短期貸出
  6. ミニ講座 出張
  7. お問合せ
  8. 関連リンク

画像クリックでパンフレット(PDF形式)が開きます。

概要

補助器具センターは、武蔵野市にお住まいの主に高齢者の方を対象とした住環境に関する総合的な相談窓口です。また、専門職によるコミュニケーション障害・摂食・嚥下障害、排泄全般についてのお悩みのアドバイスに伺います。

ページ上部に戻る

住宅改修・福祉用具相談

「トイレやお風呂、玄関に手すりをつけたいがどういう場所につけるのがいいか」
「家の中を転ばないように生活するのにどのような改修をしたらいいか」
「どんな歩行器が自分に合っているか教えてほしい」
作業療法士・理学療法士が福祉機器の選定や住宅改修に関するお悩みのアドバイスに伺います。

ページ上部に戻る

コミュニケーション障害・摂食・嚥下障害についてのご相談

「聞こえにくくなった。(何度も聞き返す。テレビの音が大き過ぎる。)」
「言葉が出にくくなった。(言いたいことが言えない。発音が不明瞭)」
「声が出しにくくなった。(声が小さい。声がかすれる。)」
「飲み込みにくくなった。(食べる時にむせる。つかえる。)」
「高次脳機能障害と診断されたが、詳しくわからない。(怒りっぽくなった。注意が散漫になった。道具がうまく使えない。二つの事を同時にできない。)」

私たちが日常生活を送る上で欠かすことのできない、聞こえやことばの機能に問題がある方、嚥下障害のある方のご相談に言語聴覚士が応じます。
自宅に訪問して評価などを行い、問題点を明らかにし、適切な社会資源を紹介すると共に、地域で落ち着いて生活するためのアドバイスを行います。
上記のようにお困りの際、積極的にご相談ください。

ページ上部に戻る

排泄全般についてのご相談

「排泄障害(もれ、出にくい)があるけど、どうしたらいいのかわからない」
「今の排泄ケアの方法よりもっと良い方法がないか?」
「排泄ケアに疲れていて、もう少し楽に生活したい。」
「本人にあった用品ってどんなもの?」
「今は困っていないけど、予防のために知識が知りたい。」

「排泄ケアの技術をアップしたい」
排泄についてなら、どのようなことでも、排泄ケア専門員がご相談をお受けします。このような専門相談員が在籍しているのは、武蔵野市の特長です。皆様に知っていただき、貴方らしい生活を支える一コマに加えて頂ければ幸いです。

ページ上部に戻る

補助器具 短期貸出

車いす・入浴用品(滑り止めマット、浴槽台)・排泄用品(ポータブルトイレ)などを短期貸出しております。
介護保険でレンタルや購入する前のお試し用として、貸出期間は1~2週間ほどです。
どのような福祉器具をレンタル、購入すればよいかお悩みの方は、まずは担当のケアマネジャーにご相談ください。

ページ上部に戻る

ミニ講座 出張します

知識を深めたいというご相談にも応じます。
・福祉用具の使用方法
・言語聴覚障害や摂食嚥下障害について
・排泄ケアや排泄のお悩みについて
ご相談ください。

ページ上部に戻る

お問合せ

高齢者総合センター 補助器具センター

〒180-0012
東京都武蔵野市緑町2丁目4番1号 武蔵野市立高齢者総合センター

営業時間:平日・土曜日 午前8時30分から午後5時15分
(日曜日・祝休日 年末年始(12月29日~1月3日))

電話:0422-51-1974   FAX:0422-51-1982

0422-51-1974

メールフォームからのお問い合わせは以下にご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前 (必須)

郵便番号(必須)

住所1(必須) 丁目まで

住所2(番地、号、マンション名等)

電話番号(必須)

お問合せ内容(必須)


ページ上部に戻る

関連リンク

ページ上部に戻る