公益財団法人武蔵野市福祉公社

財団法人武蔵野市福祉公社
AND OR 
 
 トップページ > 支援サービス > コミュニティケアサロン

 コミュニティケアサロン

基本方針

中庭の風景
中庭の風景
  • みんながいてやすらぎ育む
  • プログラム活動を通じ、共に生きがいを見出そう
  • 利用者が楽しく過ごせるセンターを目指そう

高齢者が心身の健康を維持し、自立した生活を送れるように援助するとともに、一人暮らしの高齢者が安心して生活できる住居を提供し、高齢者の在宅福祉の増進に寄与することを目的としています。

 

センター風景

軽体操プログラム
書道プログラム
音楽プログラム
粘土プログラム
手芸プログラム
自彊術プログラム

 

センター設立の経過

隣接の山崎医院の浩、倫子先生ご夫妻が地域のお年寄りのために、またこれから年を重ねていく人たちのために役立てられないかと、武蔵野市に寄付をされた土地にコミュニティーケアサロンと小規模サービスハウスを併設する全国的にも新しいタイプの高齢者施設として昭和62年10月にオープンしました。

 

コミュニティケアサロン(通所介護)

当センターの特色は何といってもランチクラブの調理から各種プログラムまで、あらゆる分野で大勢のボランティアの協力により運営されていることです。

栄養士が作成した献立表をもとに調理職員と3名の調理ボランティアが真心こめて美味しいランチを調理しています。また園芸ボランティアたちにより、四季折々の草花や植木の手入れをして利用者の心を和ましてくれます。

月曜から土曜まで軽体操、書道、音楽、工芸、手芸、自彊術といったプログラムの指導もボランティア主体で行っており、利用者、ボランティア、職員が一体となって明るく楽しい雰囲気の中で過ごしています。

 

プログラム内容

月曜 軽体操 アルファビクス、ゲーム
火曜 書道 仮名、漢字、変体かな等をお手本に添って書く
水曜 音楽 歌ったり、楽器を使ってリズムをたたく
木曜 粘土、絵手紙 石粉粘土で小物作りや絵手紙を作成
金曜 手芸 簡単で可愛い手芸、編物、縫い物など
土曜 自彊術 日本最古の健康体操
その他 介護予防プログラムと少人数向けレクリエーション

 

ボランティア活動内容

調理ボランティア

栄養士が作成した献立表をもとに3名のボランティアが、1日およそ40食の昼食を調理しています。約100名の登録があり、月1〜2回活動しています。

ホールボランティア

午前中は、利用者のコミュニケーションを深めたり、日課となっている体操や歌を歌ったりするオープンな時間となっています。その際、利用者の方々にお茶を入れたり、お話相手をしていただいております。

プログラムボランティア

午後は、趣味や機能回復などのためのプログラムの時間になっています。プログラムの中で利用者の方々に指導したり、製作のお手伝いを行います。

園芸ボランティア

センターの庭に四季折々の花を咲かせたり、植木の手入れを行っています

 

ボランティア募集

たくさんの出会い!たくさんの友達・仲間をつくりませんか?

種類 活動時間 備考
調理 月〜土曜  9時〜13時 月1回から(食事付き)
ホール 月〜金曜  10時〜12時 毎週1回
プログラム 月〜金曜
土曜        
13時30分〜15時45分
10時〜13時
毎週1回
土曜のみ午前中
園芸 第1、3水曜  10時〜12時  

※いろいろな活動内容があります。お気軽にご連絡ください。

 

年間行事

新年会、お花見、じゃがいも掘り、日帰り旅行、遠足、はなみずき祭、クリスマス会等