公益財団法人武蔵野市福祉公社

財団法人武蔵野市福祉公社
AND OR 
 
 トップページ > 支援サービス > 有償在宅福祉サービス

 有償在宅福祉サービス

サービス提供:武蔵野市福祉公社

平成27年3月をもって終了いたしました。

新規事業案<有償在宅福祉サービス見直し>へのご意見募集(受付終了しました)
※ご意見ありがとうございました。   
新規事業案<有償在宅福祉サービス見直し>への意見募集の結果  

有償在宅とは

長年培ってきた生活を大切にしながら、ゆとりある豊かな老後を創造する…そんな高齢者の願いを実現するため昭和56年4月に全国で初めて有償在宅福祉サービスを始めました。

 

どうしたら有償在宅のサービスを受けられるの?

福祉公社にお電話でお問い合わせ頂ければ、武蔵野市内どこでも担当職員がご自宅に伺い詳しいサービス内容を説明いたします。

 

介護保険のサービスとどう違うの?

  • 介護保険のサービスはご利用が認定された方に限られてしまいます。
  • 有償在宅サービスは高齢者等であればどなたでもご利用頂けます。
  • ご利用基本料金は一世帯(夫婦、親子、兄弟姉妹)につき月額10,285円(税込)です。
  • 有償在宅サービスでは誰でも暮らしを総合的にサポートするサービスが受けられます。

 

どんなサービスを受けられますか?

1 担当者が訪問や電話を通して、日常生活に関する相談に適宜対応します。
2 地域の民間サービス、公的サービス、医療機関など、さまざまな社会資源と連携をとり、必要なサービスがスムーズに利用できるようサポートします。
3 日常生活から、入院や施設利用など自分だけでは対応困難な場面まで、個々の事情に配慮して支援します。
4 必要な方には、葬儀から没後の事務手続きなどの支援も行っています。(別途、金銭管理契約と遺言書が必要です)

 

個別サービス

1

家事援助・介護サービス

市内または近郊に住む方々が協力員として福祉公社に登録し、利用者の家事援助・介護などを行います。

サービス内容と料金

通常の家事援助中心(掃除・洗濯・買物・食事作りなど)/1時間900(税込)円〜
介助中心(移動介助など)/1時間1,000円(税込)〜

  • このサービスは最低1時間からお願いします。
  • 協力員さんが、ご利用者宅に伺う時、バス又は電車の交通費がかかった場合は、その実費を利用者に負担していただきます。

料金の支払い方法

協力員の活動記録を皆様のお宅に置かせていただき、それをもとに計算した料金を他のサービス料金と一括して翌月に請求します。

ご利用に際してのお願い

  • 利用の変更、中止などは事前に担当までお知らせください。
  • 協力員はプロの家政婦ではなく有償ボランティアです。 皆様やご家族の方々との暖かい人間関係をモットーに活動しております。
  • 活動の範囲はご利用者の身の回りにかかわる範囲とさせていただきます。
2

介護保険サービスの利用援助

介護保険サービスを利用する場合には、申請からケアマネージャー等との連絡調整など、利用者の方の立場に立って援助します。

ご自宅で100歳を迎えられた利用者さん

3

その他

バスハイクなどの行事への参加

 
4

権利擁護事業の利用

通常権利擁護事業を契約するだけでも一人につき7,200円(税込)の利用料がかかりますが、有償在宅サービスのご利用者は基本サービスの利用料金だけで、権利擁護事業のサービスも受けることが出来ます。 (契約が別途必要)

5

福祉資金貸付制度

武蔵野市では、高齢者が土地と家・マンションを担保に、生活に必要な資金を融資する制度を実施しております。(福祉公社と家事援助等給付契約を結んでいる方に限ります)