公益財団法人武蔵野市福祉公社

財団法人武蔵野市福祉公社
AND OR 
 
 トップページ > 支援サービス > 権利擁護事業

 権利擁護事業

サービス提供:武蔵野市福祉公社 

地域福祉権利擁護事業

認知症高齢者や知的障害者、精神障害者など判断能力が十分でない方を対象に、利用者との契約に基づき、地域で安心して暮らせるように、福祉サービス利用援助を中心として、日常的な金銭管理サービス、重要書類の預り等の支援をしています。

こんな時に利用下さい。

・福祉サービスを利用したいけど、手続きがわからない。

・福祉サービス利用料、公共料金、家賃等の支払いができない。

・通帳や土地の権利侵害等の重要な書類の保管が必要である。

PDF資料「地域福祉権利擁護事業リーフレット」

権利擁護レスキュー

地域福祉権利擁護事業の契約には、一定の期間が必要なため、権利侵害を受ける可能性のある利用者に対して即時対応することは困難です。

そこで、地域福祉権利擁護事業または成年後見開始までの間の緊急一時対応として、本人意思の代弁・仲介、財産の保存、金銭管理等を応急善処的に行います。

具体的には、高齢者などからの相談及び調整、福祉サービスの利用援助、金銭管理サービス、財産保管サービス、地域福祉権利擁護事業の利用援助、成年後見制度の利用の援助などを行います。

利用対象者

権利侵害を受ける可能性のある方

 

利用料金

月額6,667円(消費税別)

 

運営監視委員会

1年に2回、前期、後期に外部委員のみで構成される運営監視委員会が開催され、金銭出納関係、保管物の確認等の監査を受けます。

また利用者の契約締結能力に疑義がある場合、契約の適否内容について審査します。

 

成年後見人受任事業

少子高齢社会の進行により認知症高齢者の増加が社会的関心を集めています。それに加え、知的障がい者、精神障がい者など判断能力の十分でない市民の自己決定を尊重しつつ、支援する必要性が高まっています。

成年後見制度は、このような方々の判断能力を補い保護する目的で、介護保険制度の実施と共に平成12年4月1日からスタートしました。具体的には成年後見人・保佐人・補助人が家庭裁判所により選任され、身上監護と財産管理を通して上述の方々(本人)の生活を支援し、その尊厳を擁護します。

この制度を利用するためには、民法に定められた申立権者(四親等内の親族等)が、家庭裁判所に申立をする必要があります。
成年後見人(あるいは保佐人、補助人)に親族が就任の割合は年々減少しており、現在では5割を切っており、、親族以外の第三者が成年後見人(保佐人、補助人)に就任する事例が過半数となっています。

第三者後見人は弁護士、司法書士、社会福祉士等が選任される他、市区町村の行政が関与する団体が成年後見人を受任するケースも増えています。東京都では、武蔵野市(公益財団法人武蔵野市福祉公社)、品川区(品川区社会福祉協議会)、世田谷区(世田谷区社会福祉協議会)等が、積極的に成年後見人を受任しています。

当公益財団法人武蔵野市福祉公社では、平成13年より、法人として成年後見人(保佐人、補助人、後見監督人)に就任しており、平成26年3月3日現在、累計105人の市民の方々の成年後見人等に就任しています。(うち生存者は66人)
当法人が成年後見人等に就任する長所は以下のとおりです。

1. 市が設立した日本で最初の福祉公社であり、市をバックにした社会的信用力があり、非営利である。

2. 昭和56年から在宅高齢者の生活関係を包括的に支援するノウハウを蓄積し、総合的・一貫的・個別的対応が可能である。その守備範囲も葬儀納骨から没後の事務処理まで広範である。

3. 市内の公私の福祉関係機関等様々な社会資源とネットワークがある。

4. 法人なので、長期の継続的後見事務が可能である(自然人とは違い法人は病気をしたり、事故に遭ったりしない)。

5 . 第三者機関による財産管理や後見事務の運営監視、チェックを受け、公平、透明、中立的な事務履行ができる。

 

社会貢献型成年後見人(市民後見人)・成年後見支援員

今後、親族がいない、あるいは親族関係が稀薄な市民がますます増えていくことが予想されます。

東京都(担当・福祉保健局生活福祉部地域福祉推進課)では、そういう方々に成年後見人が必要になるケースが増えることに備え、主として定年退職したサラリーマン等が、社会貢献的な観点から、成年後見人を必要とする親族関係稀薄な市民・区民のために、成年後見人に就任することを想定した「社会貢献型成年後見人」を養成する事業を平成25年度まで実施し、本市にも14名の修了者がおります。

今後は各自治体で養成することとされており、現在市と検討を行っております。

 

成年後見申立について

成年後見申立方法

PDF資料「成年後見申立方法」PDFのダウンロード<約222KB>

 

武蔵野市成年後見制度意識調査報告書

「武蔵野市成年後見制度に関する意識調査報告書」を作成いたしました。

PDF資料「武蔵野市成年後見制度に関する意識調査報告書」PDFのダウンロード<約1,184KB>

 

PDF文書をご覧になるには

Adobe Readerのダウンロードはこちら

PDF形式資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

左のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードしてご覧下さい。

Adobe Readerのダウンロードはこちら